専門介護福祉士について

専門介護福祉士について

やりがいをつくる

介護士のキャリアアップとして最後に紹介するのは「専門介護福祉士」についてです。
この専門介護福祉士は国家資格である介護福祉士の上位資格として設立を提示されているもので、厚生労働省がキャリアパスを公開しています。
これまでは介護福祉士資格が介護士にとっての最終資格であったため、どうしても最終的なキャリアを上げることが難しく、収入などを伸ばすことが難しいというのが弱点となっていました。
上位資格を設けることによって、経験を積むことでより収入を得られるようにし、介護の仕事にやりがいを作ることが目的の1つとなっています。

その目的から、専門介護福祉士になるためには国家資格である介護福祉士の取得は必須となります。
ただ、認定については国家資格として行うのではなく、介護福祉会という職能団体が管理をすることになります。
会員となっていると受験料が安くなるなどの特典があるため、加入を考えてみると良いでしょう。

今後のキャリア

今後、政府は介護福祉関係のキャリア体制を大きくかえることを検討しています。
これまでは介護福祉の基本資格といえば「ホームヘルパー2級」だと言われていました。
しかし、今後は介護福祉士を基本資格とすることにより、ホームヘルパー資格による効果が薄くなっていくようにすることが検討されています。
介護の仕事をより専門性が高いものにすることによって、かえって離職率を抑えることにより、激務化を防ぐというのが目的となっています。

専門介護福祉士はその一環として実施されるものです。
取得するためには介護福祉士としての実務経験に加えて、専門の講習を履修する必要があります。
認知症ケアについてや、施設の運営についてなど、介護に関わるより幅広い知識を身につけることが求められます。
これにより、将来的には自分の介護施設を持つ、というような「開業福祉士」というものが登場することが考えられるでしょう。