仕事を探す方法

仕事を探す方法

就職のコツ

d1a4352d8a657013c2b365f2c48302be_s介護職として仕事を初めるために、就職のコツについてここでは簡単に紹介します。
ます介護職を仕事として選ぶ場合、人手不足で需要の大きい職場であるとはいえ、職場ごとの違いが大きく自分にあった職場を見つけることが重要なポイントとなります。
また、人気がある職場については自分が採用されるための努力を怠ることも出来ません。
職場によっては社会福祉士や介護福祉士、ホームヘルパー(2級)といったような資格を要求している場合もあります、手広く資格を取ることによって就職の可能性を高めることができるでしょう。

同時にしっかり練習しておきたいのが面接です。
同じような能力を持っている人がいる場合、最終的にはこの面接によって判断されることになります。
それでは、介護職の面接においてはどのようなことがチェックされるのでしょうか。

まずは、履歴書を見られることになります。
面接はこの履歴書の内容をベースに行われる事になることが多いため、しっかりと考えて書くようにしましょう。
手書きと活字、どちらでも構いませんが、手書きの方が良いと考えている人もまだまだ多いため、少なくとも名前だけは手書きにするようにします。
字が丁寧であるかどうかも判断基準の1つとなるためです。(上手である必要はありませんが、雑ではいけません)

また、職歴や学歴などは省略せずに正確な名称を記載します。
取得している資格名などについてもしっかりと正式名称を確認して記載するようにしましょう。

履歴書において特に注意したいのが志望動機欄です。
志望動機には介護職についてどのような考えがあるのか、どうして介護職に就きたいと思ったのか、ということを記載しましょう。
もし思いつかないという場合、残念ながらあまり介護職には向いていません。
介護職は志望理由がないのに入る業界ではないためです。

仕事の探し方

求人自体を探す方法についても紹介します。
まず1つ目の方法であるのが、ハローワークを利用することです。
各自治体に設置されている公共の施設であり、その地域における求人が幅広く取り扱われています。
ハローワークでは面接の練習や履歴書の作成などについてもアドバイスを行ってくれるため、悩んでいることがある際に相談することができるというのもポイントの1つです。

もう1つ良い方法であるのが、インターネット上にある求人サイトを利用することです。
例えば下記サイトでは全国の介護求人について紹介されています。
>>介護の求人・転職・募集なら【介護のお仕事】

インターネットサイトで探す場合のポイントとなるのは、自分の求めている職場の条件を入力することで絞込を行うことができることにあります。
例えば収入がどれぐらいであるのか、労働時間がどのぐらいであるのか、などなど、細かい点までしっかりとチェックをすることができるでしょう。
介護の仕事は全体として厳しい内容になっていることが多い中で、できるだけ自分に適した職場を見つけることは長続きさせるために非常に重要です。
ただでさえ離職率の高い仕事ですから、事前にしっかりとチェックをしておきましょう。