Posted in 介護の仕事

栄養指導などを行う栄養士とは

食事の栄養バランスを考えて人々の健康を預かる栄養士

介護の現場においては、食事というのはとても大事な要素を占めます。
いろいろな身体的な制限があるため、食事が毎日の大きな楽しみとなっている人も多いですし、何と言っても健康を維持するためには栄養バランスの取れた食事というのがとても重要です。
その食事の内容を考えて提供するのが、栄養士の仕事ということになります。

栄養士は都道府県から許可を得てもらえる資格の一つで、栄養士として名乗って働くためには、この資格がないといけません。
栄養学などの専門的な知識を持っていますので、健康に寄与する食事のメニューを作れるプロとしての客観的な評価を受けることができます。

具体的な仕事としては、毎日の食事のメニューをコストや栄養価、利用者の好みなどを考えながら作成していきます。
その際には、カロリーや栄養分についての計算を行い、きちんとしたデータを取ることも重要です。
そうしてできたメニューを基に、材料リストを作り調理手順を考え、調理室で効率よく作業ができるように指示をしていきます。

栄養士として働くためには?

栄養士の資格を取るためには、一定の研修を受けることが必要です。
高校を卒業してから、栄養士養成課程のある学校、大学や短大、もしくは専門学校に通うことが求められます。
こうした栄養士養成課程を修了することによって栄養士としての資格がもらえるようになり、資格の難度それほど高くありません。

その上で、栄養士を募集している介護施設などの求人を見て仕事を探すことになるでしょう。
栄養士の業務は施設によって幅があり、メニュー作りや材料リスト作成、発注、食事のチェックなど、事務的な作業で終わることもありますが、実際の調理も含まれることもあります。

施設によって、完全に施設内で調理をしていることもありますし、ほとんどを給食業者に委託しているところもあります。
それによって、栄養士の仕事の中身とどこまで業務として任せられるかが変わってきますので、事前にしっかりと求められている仕事の内容をチェックするようにしましょう。

食を通じて健康に寄与できる喜びを味わえる

栄養士は、利用者が喜んで食べてくれ、しかも健康に良いものを提供できるという喜びがあります。
介護施設では、多くの人が食事をかなり楽しみにしていますので、みんなの期待に応えられるようにメニューを作っていくというのはとてもやりがいがあるものです。

また、食事によって利用者の健康状態も変わってくることがありますので、食という方向から人のために役立てるというのも魅力的なことです。
栄養士の資格を持っていると、介護施設だけでなく学校や病院、一般企業などでも採用に有利となりますし、自分の家庭でも活用できるなど潰しがきくというのも大きなメリットでしょう。