Posted in 介護の仕事

超高齢化で活躍の場が増えると予想されている介護事務とは

介護保険の報酬算定など様々な仕事がある介護事務

超高齢化が進んでいる中、介護施設の充実は非常に重要です。
そのためには、介護の現場で働くスタッフも必要となりますが、同時に施設の運営に欠かせない事務スタッフのニーズも高くなってきます。
そのため、介護事務という仕事にも注目が集まっているのです。

介護事務とは、介護施設での事務作業をするというものですが、介護施設では一般企業とは異なり、介護保険の報酬によって運営がなされていますので、介護事務はそれに関するスキルを持っていることが求められます。
利用者は介護保険を使いますので、介護保険による報酬の計算や請求書の作成、介護保険報酬の請求を行うためのレセプトの作成など、介護事務ならでは仕事があるのです。
この介護保険報酬の算定や書類の作成などは、一般企業の事務とは全く異なる制度ですので、専門的な知識が求められます。

その他にも、一般事務としての書類作成や、利用者やご家族への対応、種々の雑務などがあり、仕事の内容は範囲が広くなっています。
実務経験がある人は、どこに行ってもすぐに即戦力となれるため、介護事業者から重宝されるでしょう。

介護事務の仕事をするには?

介護事務の仕事では、一般企業にはない介護保険報酬の算定など専門的な業務が多いですが、特に資格がないとできないということはありません。
そのため、未経験であっても現場で仕事を覚えるように努力して、スキルを身に着けていくことも可能です。

また、介護事務の民間検定試験もあり、通信講座などで勉強することで比較的簡単に取れますので、その資格を取っておくという手もあります。
資格を持っていることで、即戦力として働けるだけのスキルを持っているという証明ができますので、採用のチャンスが広がるでしょう。
さらに、有資格者には資格手当を出す介護事業者も多いので、割良く稼ぎたいという人に向いています。

いろいろな働き方ができる介護事務

介護事務の仕事は、どの介護施設でも必要となる業務です。
そのため、仕事の口は全国どこにでもありますので、求人を探しやすいというメリットがあります。

また、介護事務の仕事は、正社員はもちろんのこと、パートや派遣社員など、いろいろな雇用形態で募集があります。
家庭の事情や自分の希望に合わせて、ワークスタイルを選べるというのも一つのメリットと言えるでしょう。

体力の必要がなく座ってできる仕事ですので、ずっと長く働き続けられるというメリットもあり、将来のことを考えて介護事務の職に就く人もいます。
頑張ってスキルを伸ばしていけば、管理的な業務に就けることもありますので、頑張るためのモチベーションを保てるというのも大きなポイントです。