Posted in 介護の仕事

日常生活の動作で困らないようにサポートする!作業療法士とは

患者さんの日常生活を取り戻す助けをする作業療法士

理学療法士と並んでリハビリのエキスパートとして有用なのが、作業療法士です。
作業療法士は、主に患者さん自身が行う作業プログラムを作り、それを実施してもらうことによって、日常生活で必要となる動作を不便なく行えるようにする、という仕事をします。

理学療法士の場合は、スタッフ自らが運動に関わったり、温熱器具などを用いたりしてリハビリを行いますが、作業療法士の場合はプログラムを作って、それを患者さん本人にしてもらうという点で違いがあります。

また、理学療法士の場合は、立ち上がる、歩くといった基本的な動作のリハビリをメインとするのに対して、作業療法士はご飯を食べる、ペンを握るなど、普通の日常生活を取り戻せるように、より細かな動作の訓練をするという点が特徴です。
身体的な障害だけでなく、アルコール依存症を始めとする精神的な疾患についてのサポートを行うこともあります。

作業療法士として働くためには?

作業療法士は国家資格ですので、試験を受けてそれをパスしないと働けません。
しかし、この国家試験を受けるためにも、いくつかの条件を満たしていないといけませんので、まずは受験資格を満たすようにしましょう。

具体的には、作業療法士養成課程がある大学や短大を出ていること、もしくは作業療法士養成の専門学校に行くという条件があります。
原則としてこうした学歴がないと受験そのものが不可能となってしまいますので、作業療法士になりたいのであれば、早い段階から進路を決めておく必要があるのです。

こうした養成学校でしっかりと受験対策をすれば、さほど試験自体は難しくなく、無理なく資格を取れるでしょう。
養成学校では受験のための勉強だけでなく、現場でも役立てられる実技についてもきっちりと教えてくれますので、確実なスキルを身に着けられるように身を入れて勉強しましょう。

作業療法士の活躍の場とは?

作業療法士は主に、リハビリを必要とする診療をしている病院やクリニック、介護施設で働きます。
リハビリ対象が高齢者なのか、事故などによって障害を負った人なのかなどによって、行うプログラムが変わってきますので、自分の得意とする分野を選べるようにしましょう。
または、精神クリニックなどでも、心理的負担を軽減したり依存症を克服したりするためにも、作業療法士が活躍するケースもあり、職場の幅は広くなっています。

作業療法士は、しっかりとしたスキルを持っていれば、人生イベントに合わせて転職することも容易ですし、年を取ってからも働き続けられるというメリットがあります。
また、専門性の高い仕事ですので、一般的な介護職などよりも給料水準が高く、雇用も比較的安定しているというのも魅力的な点です。